仕事とはなんでしょうか。

仕事とは、お給料をもらうことでしょうか。

仕事とは、誰かの役に立つことでしょうか。

現在私たちが知っている仕事は、そのほとんどが、お給料をもらうことが最終目的になっているように思います。もちろん、生きていくためにはお金を稼がなければいけないということも真実ではあります。

しかし、自己啓発書など、世の中に出回っている成功の法則や、大金持ちになる方法というのは、ほとんど実際には不可能なことばかり書かれています。

仕事は何のためにするのか。お金を得ようとしてもお金持ちにはなれないのはなぜか。

日本の学校では一切教えられることのないお金の根本的なとてもシンプルな原理について、お話ししていきます。

スポンサーリンク

安定の仕事、個性や才能を使った仕事

安定的な仕事とそうでない仕事があると世間一般では言われているようです。

そして、お金を稼ぐ方法にギャンブルというものあります。

そして、多くの人が企業に勤めて安定的な収入を得ることを目的とします。

さらに、ギャンブルで大きく当てることを目標とする人もいます。

しかし、本来の仕事とは、与えられた才能を使ってすることです。

誰でもできるような仕事を、ロボットのようにして日々を過ごすことが、仕事ではありません。

私たちは、誰もができる仕事ばかりが溢れる世の中に慣れすぎてしまい、自分の能力を使ってお金を稼ぐということを考えなくなってしまいました。

私たちは、現在の仕事の尺度では測れない個性や才能を持っています。絵を描く才能があるにもかかわらず、会社が求める人物像に当てはまらなければ、その才能を使う場所はないという社会の中に暮らしています。

そして、自分には絵を描くことができるということを周囲の人に伝える努力をしないまま、自分には才能がないと考え、自分は社会に必要とされていないと考えます。

しかし、現在は、インターネットが普及したことから、その人が自分の実力がわかるような作品をウェブ上に公開して、仕事の依頼はこちらからと一言添えておくだけで、仕事が舞い込んでくる可能性があります。

しかし、そんなことをしてもすぐに結果が出ないので、途中で投げ出してしまいます。

人間がお金を稼ぐこと。仕事とお金の関係

わたしたちは、動物でありながら、大きく発達した脳をもち、感情を持ち、さらに、想念するという能力を備えています。

イマジネーションという能力はまさに驚異的な力です。

すぐれた音楽家は、そこで、天からの啓示を受けて、メロディを書き、すぐれた画家は、脳内のイメージを具現化して行くのです。

sky_

そして、それは、一部の天才と言われる人間の専売特許ではなく、その道を極めようとするものにもれなく与えられた能力なのです。もちろん、それなりの努力と鍛錬が必要になりますが、誰にでもできるようになるものなのです。

なぜなら、私たちは同じ姿形をして、同じ構造で成り立っているからです。

個性や才能は誰かと比べるものではないということを、常識として考えなければ、私たちは、時間給や月収で働く生活から抜け出せません。

私たちは、人々を驚かせるような素晴らしい作品をつくり、感動を与えられるのです。それは、アートや音楽と言われるものだけに限らず、接客がとても上手い人もいれば、ある人は、お店を経営するのが得意な人もいるのです。

そのように、大企業に取り込まれること以外にも、私たちの意識を変えて行くことで、多くの仕事が生み出せるということがわかって来ました。

大企業が「安泰」と言われていた時代は、はるか昔の話。

そして、お金というものは人間が意のままに操って手に入れるものではありません。

お金はそもそも、物々交換だった時代を経て、その代わりに紙幣や貨幣を使うようになりました。

そして、元々、物を交換していたということは、その技術や想いや気、エネルギーが詰まったものが交換されていたということです。

例えば漁師が魚を獲るということは、魚の生態や天候や季節を熟知していなければ魚を獲ることはできないものです。

漁師は、人々が食事をできるようにと、自分のことを捨てて、魚を取るわけです。

それは、自分のためではありません。

そのように、自分の考えや個人だけが潤うような思いで漁をするのと、自分が多くの魚を取ることが人々の繁栄に繋がるという思いを持った漁師の獲った魚には、全く違う気やエネルギーがながれます。

するとその気持ちが波動のように多くの人に伝わり、その人にはさらに仕事が舞い込みます。

このように、お金は、技術や知恵を磨いて、人々が感動することをすれば天から与えられるものです。

ギャンブルやロボットでもできるような仕事は、もともと決められている構造をとことん突き詰めれば多額の収入を得られるかもしれません。

しかし、その仕事で誰か人々は幸せになったでしょうか。それができなければ、たとえお金が入ったとしてもその人自身に心の幸福や安心は訪れません。

常に不安を抱えて生きることになります。

だから、そうならないためにも、私たちは、個性や才能を使って、人々が感動するレベルのことをすることこそが、お金と幸福を手に入れることだと知ることが知恵です。

スポンサーリンク