learning-164331_1280

習い事は生きる上で、どう役立つのか?習い事を続けるうちにこんな問いに行き当たることがあるともいます。

習い事を習い始める時の理由といえば、

  • 子供本人が興味を持つ
  • お友達に誘われて
  • 親の意思

様々な理由があります。

どんな理由で始めるにしても、1番は続けることが大切です。

 

スポンサーリンク

 

習い事の目的と子どもの様子を見ること

その中で、

  • 努力が実り喜びに繋がったり
  • 努力が成果に繋がらず悔しい思いをしたり
  • 悔しい経験を次の糧にしどうステップアップするか
  • 試練をどう切り抜けていくか

1つの習い事から様々な経験を通して、人生をいかに生きて行くかを学んでいるのです。

そしてそれは必ずや大人になり仕事をする上で役立つことでしょう。

試練簡単に始めたり辞めたりしては、

どんな習い事も嫌なことがあったり上手くいかないことがあれば同じように簡単に投げ出す子になってしまうでしょう。

 

習い事をすると言うことは…

1つの物事と向き合うことであり追求し極める事です。向き合うほど、深みを増してきます。

そこに楽しみを見いだせるかどうか、極めるほどに面白みを増してきます。

 

スポンサードリンク

 

子供が辞めたいからと言ってすぐに受け入れ辞めさせたり、

またやりたいからと言って戻ったり、自分の思い通りになる状況は子供にとってプラスにはならないでしょう。

きっとそんな子供は、将来仕事に就いても様々なことから逃げ出す大人になってしまうでしょう。

 

ときどき何のために習い事を習わせているのか理解してらっしゃらない親御さんもちらほら…

助けたい気持ちは少し我慢して…

そこを理解して専門家に任せてほしいところです。

 

もちろん子供が試行錯誤した結果どうにもならないときは、

子供に寄り添い間違った方向に行かないようにだけ注意しながら、

親御さんも子供たちと共に成長するべく、一歩引いたところから見守ってほしいものです。

 

スポンサーリンク