サッカー日本代表の、2018年のロシアワールドカップの出場が決まりました。

Jリーグ開幕の影響でサッカーを始めた人間としては、なぜだか、日本代表には特別な思い入れがあるようで、どうしても気になって見てしまいます。

かといってJリーグを見てるいわけではないのですが、小学校の時は、ラモス瑠偉とか、沢登正朗のプレースタイルなんかが好きで、鹿島アントラーズのジーコとアルシンドのコンビとか、その後に加入して来たレフティーのレオナルドなんかも大好きでした。

思い出話はこの辺りにして、2018年のワールドカップ出場を決めたオーストラリアとの試合を振り返りつつ、勝つことについて気づいたことをお話しして行きます。

その試合をテレビ観戦して感じたことから、ハリルジャパンがあの試合で勝った要因を、より普遍的なレベルでお伝えしていきます。

スポンサーリンク

相手を知ることと想定内で終わったことがオーストラリア戦の勝利に繋がった

このブログを描こうと思ったきっかけは、試合前にハリルホジッチ監督が言っていた「相手のチームが自分のチームのように思えるまで知り尽くした」という言葉でした。

これは、相手の考えていることを知ることで、こういった状況で相手がなにをするのか、どういう選手を使うのか、何ができて、なにができないのか、そこから見えてくる弱点は何か?ということがわかるようになるからですね。

それに対して日本が何をすれば良いかが見えてきます。

そして、できる限りそれに対応した布陣で臨んだので、オーストラリア戦の勝利があったのではないかと思うのです。

もちろんそれは、ある程度机上の話であり、最終的には実際の試合で何が起こるかはわかりませんし、予想できる範囲のこと、さらには、想定できるかぎりのいくつかのオプションを考えておくことも必要でしょう。

それにしても何よりも、相手をとことんまでに知ることが「勝つこと」につながったということは間違いないのではないかと思います。

さらに、解説の木村和司さんがなんども繰り返していた「相手が高いボールを使ってこなくてよかった」というコメントも印象的でした。

ゲーム途中から幾度となく繰り返していた言葉なのですが、ようするに、日本チームが想定していた、想定内の中で終始ゲームが進んでいった、ということでした。

今回オーストラリアは、世界に通用するサッカーのスタイルをチームに定着させるため、これまでのように、パワープレー(背の高さと、体の大きさ強さを有利に使うために浮き玉を多用するプレー)を使わずに、終始、短いパスをつないでゲームを運んでいました。

これまでのオーストラリアなら頻繁にロングボールを使って、簡単に日本のゴール前まで球を運ぶことができるわけです。そして、そんなことを続けていればゴールが入る可能は上がるわけです。

しかし、オーストラリアは、世界に通用するサッカースタイルをチームに浸透させているということ、さらに、最終節で勝つことでW杯に行くことができることなどを考慮すると、そこまでガツガツと血眼になって勝ちにくることはしなかったと言われています。

オーストラリアはアジア圏では強いわけですが、いざ、アジア予選を勝ち進んでも、世界中のチームの中では「並」になる。だから、オーストラリアはハリルホジッチが想定していたロングボールを使わない戦いで終始デームを運んでいった。

それがないために、日本が狙っていた戦術が見事にはまっていたということだったわけです。

それを見える形で表しているのが、この試合の日本のポゼッション(ボールを持っているパーセンテージ・時間・保持率)が4割という数値で、相手にボールを回させて、高い位置からプレッシャーをかけて、高い位置でボールを奪うことで、2、3本のパスでシュートまで持って行くという戦術が見事にはまっていました。

特に、2点目を決めた井手口の得点を生んだプレーが、まさにその形の教科書通りの展開でのゴールでした。

S 対ユーベンタス _2015628_9111

サウジアラビア戦の無力さ、知ることが知恵に変わる

このオーストラリア戦は見ていても楽しいゲームでした。選手それぞれの特徴がよく出ていて、経験値のある選手と若手の選手の起用のバランスも効果があったことでしょう。

しかし、その後の最終節のサウジアラビア戦を見ていて感じたのは、ハマらなかった時の酷さでした。

これは現代のサッカーの特徴なのかもしれませんが、チームの戦術で求められたことと、そもそも根本的に違う特徴を持った選手がゲームに入るだけで、全く違ったものになってしまうと感じました。

もちろん、サウジアラビアのホームゲームとだけあってサポーターのプレッシャーや気温などの環境面でも非常に日本にとって不利だったことは間違いありません。なので基本的には最善を尽くしたと言えるゲームでした。

しかし、最善を尽くしたから良いというレベルでいいのかということだとも感じます。オーストラリア戦でやったように、サウジアラビアを徹底的に知り尽くして、あらゆる事態を想定して試合に臨んだようには感じなかったからです。

もちろん実際にハリルホジッチ監督がどこまで何をしたかはわかりませんが、せめて1点は欲しかった試合でした。なぜなら、ワールドカップではあの戦い方では完全に勝ち目はないはずだからです。

これが日本の限界といってしまえばそれまでですが、しかし、オーストラリア戦の戦い方は異様にはまっていただけに、今後もできる限りの準備をするということがカギになると思います。

ということで、この2試合を通して、改めて「知る」ということの重要性を感じました。相手も己もしっかりと知ることで、行動は変わってくるということです。

当たり前といえば当たり前ですが、歌が上手くない人に、歌を歌う仕事は行きません。

歌の上手い人に、歌を歌う仕事がいきます。

そして、オーストラリア戦でハリルホジッチ監督がやったのは、誰が歌が上手くて、誰が歌を上手い人を欲しがって居るかということをしたのだと思います。

それがわかったから、井手口を入れて、浅野拓磨を入れたということだと思います。

そして、それが見事にはまった。

それは、確かに結果かもしれませんが、自分のチームだと思えるほどに相手のチームを知り尽くすというのは並大抵のことではないし、それはもっと賞賛されて然るべきものだと感じます。

そして、それによって日本は勝つことができるということが証明されました。もちろん、その戦術がはまって強敵に勝つことができるということは、選手個々がほとんど精度の高いレベルのものを持っていなければないないのは前提です。

だから、相手を知って、それに合わせた戦い方で勝つという日本の勝利のパターンがあったということも非常に大きな収穫だったと言える試合だったのではないかと思います。

スポンサーリンク