当たり前すぎることに人々は鈍感になります。美味しいものも、それが希少で、たまに食べるからこそ特別に美味しいと感じます。 …
続きを読む